Melody English Blog

日本の英語教師は、2020年に準備できてるの?

By | Melody Blog | No Comments
日本の英語教師は、 2020年に準備できてるの? 最近、ある県教育委員会が中学校の英語教師を対象にTOEICを実施したという記事を読みました。 2020年 からの英語教育の改定では、高校受験・大学受験の英語が大幅に変わります。このTOEIC実施の背景にはおそらく、中学校の英語教師自身が、その変わっていく高校・大学入試を教えるのに十分準備ができているのかを、教育委員会が調査したかったからだと思います。 ご存知ない方のためにお伝えしておきますと、2020年からの入試では、今まで読むこととや聞くことだけであった英語の試験から、話す(スピーキング)、書く(ライティング)というスキルも試験されるようになるのです。さて、中学校の英語教師の「テスト」の結果はどうだったのでしょうか? 74人の受験者のうち、(990点満点中)730点以上に達していた教師はわずか16人でした。また、受験者の14人は500点以下だったとのこと。そしてなぜか、1人は280点という点数を取ってしまいました。これは、中学生の平均点です。この結果は、非常に驚くべき結果です。 そして残念ながら、これはこの県に限ったことではないはずです。私だけでなく、他の関西で働いている教師仲間もみんな、こういうことが普通に起こっていると言っています。日本の中学校英語教師の多くが、英語が上手ではないのです。 74人中16人ということは、21%ということです。つまり、この県の英語教師のうち80%は、TOEIC730点以上を取得する能力がないことになります。また、受験した教師のうち500点に満たなかったのは19%です。就活サイトでは、掲載されている仕事のうち少なくとも半分の仕事が、TOEIC500点を最低ラインとして記載されているところもあります。つまりどういうことかというと、この県の中学校英語教師の19%は、基本的な英語を必要とする大半の仕事に要求されている基準さえも満たしていないということになるのです。この現状は残念ながら、悪化している一方です。 そして忘れてはいけないのは、この記事の中で書かれているTOEICのメインは、教師の読む力と聞く力が試されたということです。このTOEICにおいて彼らの話す力、書く力は、ほとんどテストされていないはずです。...
Read More

あなたのお子さん、2020年の準備はできてますか?

By | Melody Blog | No Comments

あなたのお子さん、2020年の準備はできてますか? ライアン・スプレーグ(メロディイングリッシュ オーナー) 訳 ルエカ翔子(メロディイングリッシュ神戸・芦屋校講師) この写真は日本の英語教育に関する、Japan Timesの英文記事から 前回のブログまではシリーズとして、子どもたちの英語学習をどのように助けられるのかお話ししてきましたが、一旦そのシリーズはお休みすることにしました。 なぜなら、日本で子育てをされている皆さんと接している中で(特に私は大阪にいるのですが)あることに気づいたからです。それは、そもそもみなさんが、子どもたちにとって英語を学ぶことがどれほど大切か、ご存知でないのじゃないかということです。

Read More

ライフハウス大阪・神戸主催の キッズイングリッシュキャンプ 2016

By | Melody Blog | No Comments
7月25日から27日まで、ライフハウス大阪・神戸主催の キッズイングリッシュキャンプ に子どもたちと参加してきました! 高田・さやか (メロディイングリッシュ大阪・校講師) 今年の キッズイングリッシュキャンプ のテーマは「友達」ということで、2泊3日の中でたくさんの新しい友達を作りながら、チームの掛け声やポーズを考えたりゲームや英語のアクティビティをして楽しい時間を過ごしました!!外国人のリーダーたちもたくさんいたので英語で話しかけることに挑戦してみたり、自己紹介をしたりといつものレッスンの成果も見れました! とても嬉しいことです!!! 英語のアクティビティではたくさんの新しいことを学びました!...
Read More