あなたのお子さん、2020年の準備はできてますか?

あなたのお子さん、2020年の準備はできてますか?

ライアン・スプレーグ(メロディイングリッシュ オーナー)
訳 ルエカ翔子(メロディイングリッシュ神戸・芦屋校講師)

英語を教える高いスキルの教師は足りない

この写真は日本の英語教育に関する、Japan Timesの英文記事から

前回のブログまではシリーズとして、子どもたちの英語学習をどのように助けられるのかお話ししてきましたが、一旦そのシリーズはお休みすることにしました。
なぜなら、日本で子育てをされている皆さんと接している中で(特に私は大阪にいるのですが)あることに気づいたからです。それは、そもそもみなさんが、子どもたちにとって英語を学ぶことがどれほど大切か、ご存知でないのじゃないかということです。文部科学省は、「グローバル化の進展の中で、国際共通語である英語力の向上は日本の将来にとって極めて重要である。」と公表しています。皆さんが「日本の将来」をどれほど気にしているかは分かりませんが、お子さんの将来に関しては、一番気にされていると思います。なので今回は、来る2020年に起こる変化に伴って、子どもたちがどのように準備していくべきなのかお話したいと思います。

例をあげて説明しましょう。たとえばお子さんが現在幼稚園に通っているとします。するとその子が小学校に入学して3年生になった時には、毎週1回、活動型(アクティビティー)の授業で英語を学び始めます。5年生になると、今度は英語を一つの主要教科として学ぶことになります。成績も付くようになり、読み書きも習い始めます。その全授業をネイティブの先生から教わるかどうかというと、なかなか難しいところです。現在大阪市では、全小学校の全授業にネイティブの先生を配置するほど、十分な体制は整っていません。2020年になる頃、この英語の授業数の劇的な変化により、日本人である担任の先生が1週間に数回、英語の授業をすることになるでしょう。そしてこの体制の中で、あなたのお子さんは中学生になるための準備をしていくのです。

そして中学校に入学したら、簡単な英語による授業が行われます。授業の中では理解を補うために、日本語による説明が入ってくるでしょう。少なくとも、それが最低限の目標です。そして文法が主流だった学習法から4技能の学習法へと変わっていきます。子どもたちは、英語を話し、聞き、読み、書けるようにならなければいけなくなります。そして子どもたちが受ける試験は、この4技能すべてをテストするものになるのです。実際のところ、英検も最近になって、すべての級にスピーキングテストを導入すると発表しました。以前の英検では3級からのみスピーキングテストがありましたが、これからは4級、5級にも導入されていきます。これらのことを総合すると、高校入試も、これら4つの技能を評価するものに移行することは間違いないでしょう。

そしてあなたのお子さんが高校へ入学すると、授業はすべて英語で行われます。大学入試に向けて、かなり努力しなくてはいけなくなるでしょう。センター試験はどこかへ消えてゆきます。その代わりに4技能を評価される試験を受けることになり、最初から最後まで英語でプレゼンテーションをするというようなことも、起こり得るでしょう。もし自分の子どもに有名な大学の英語関係のプログラムや学部に入学してほしいと思えば、国際的に認められているテストを受けて、きちんとした英語が話せることを証明しなくてはいけないでしょう。

これらが意味するもの、それは、あなたのお子さんがいい大学に入学したければ、英語で上手にコミュニケーションを取れるようになっていなければいけない、ということなのです。今までは、多くの日本人が入試に受かってきました。それは、すべての試験が単なる択一問題だったからです。高校の最後の2年ほどになってセンター試験のために詰め込み勉強するだけでよかったのです。でも、すべてが変わり始めています。高校生活の最後になってやっと準備を始めたようでは、いい大学に入学するのは難しくなるでしょう。

もちろん、この影響は大学入試では終わりません。大学に入った後、子どもたちは仕事を見つけなくてはなりません。今後たくさんの企業が英語でコミュニケーションができる人を必要とするでしょう。もうすでに最良の企業は英語でコミュニケーションを取れる人を採用しています。そのうちのいくつかの企業は英語のみで会議をします。そこで働く人たちは英語で電話会議をし、英語でメールを送り、海外出張もこなすのです。

今は、2016年の後半。つまりあと3年もすれば、これらの変化が起こるということなのです。これらの変化だけではなく、様々なところで影響があるでしょう。あなたのお子さんはその準備ができていますか?どのように子どもたちに準備させますか?将来学校で、職場で、必要となる4技能を学べていますか?

各家庭で、子どもたちに多くのことを学ばせなくてはいけないプレッシャーがあることはわかります。もちろんあなたのお子さんが、野球やそろばん、習字を学ぶことはいいことに違いはありません。でも、そのどれも、あなたの子どもの将来に「必ず必要なもの」ですか?大人になってもそろばんを必要とする人が何人いるでしょう?計算機が存在するのには、ちゃんと理由があるのです。また、漢字をきちんと書けることは大切なことですが、きちんと書けたとしても、それによっていい大学に行けるかどうかは分かりません。

わたしたちメロディイングリッシュでは、先に話した4技能をとても早いうちから教えています。なぜなら、それだけ日本の子どもたちにとって質の高い英語教育が大切だと認識しているからです。また、子どもたちはおもしろくないとやる気が出ません。だからこそ、英語の学習も楽しくないといけないと信じています。メロディイングリッシュでは、毎回のレッスンで色んなことを取り入れ、いつも楽しく学べるよう工夫しています!次世代の子どもたちにとって、今まで以上にこういった教育が必要なのです。今後の日本の教育システムが、子どものモチベーションを維持しながらどれだけ4技能を身につけさせられるのか、正直言って分かりません。日本が将来も国際的なリーダーであり続けるためには、このようなスクールが必要不可欠です。もし体験レッスンにまだお越しいただいていなければ、ぜひお越しください。無料体験レッスン、とっても楽しいですよ!

参考資料:
文部科学省発表:今後の英語教育の改善・充実方策についての報告

文部科学省発表:グローバル化に対応した英語教育改革実施計画

日本の英語教育に関する、Japan Timesの英文記事